フリーランスを目指す人は必見!長く続けるための心構え

2019年8月26日

先日はフリーランスになることへのメリットとデメリットをお伝えしました
このデメリットが気になって、フリーランス転向に不安があるという方は、考え方や、フリーランスの立場を理解することで、かなりの範囲をカバーすることが出来ます。

フリーランスのメリットデメリットに関しての記事はこちら

突然の契約終了を回避する

契約が打ち切られるというのは、そもそもどうして起こるのでしょうか?それは、自分の担当箇所が不要になるということです。
もちろん力不足というのは別の話ですが、それとは全然別の理由で契約終了することがあります。

しかし、この突然というのは、正しい情報収集を行うことで回避することが可能です。
ここで言う回避とは、契約終了自体を回避するということではなく、事前に察知して次の就職先の準備を万端に行うことが出来るということです。
では、どんな方法で情報を収集するべきでしょうか

チーム内のプロデューサーと話をする

ゲーム会社準拠で申し訳ないんですが、普通の会社だと部長さんクラス?なんですかね。
所属したチームのお金とかをあれこれしてる立場の方です。

現場に入るまではよく話すのに、いざ作業が始まるとなぜか話さなくなる現象が起こりがちです。
当然お忙しいと人物ではあると思うのですが、捕まえるのは大変かもしれませんが、出来るだけどこかで話をする機会を狙いましょう。
目安としては1週間に1回ぐらい何気ない話を出来る関係が出来ると良いと思います。

このとき注意するのは、変にがっついた質問をするのではなく、今所属しているチームのことや、他のチーム状況の話なんかを聞いてみると良いでしょう。
契約期間が近くなると、少し気になることを聞いてみるのもよいですが、引き出せればラッキーぐらいに留めましょう。

他のチームに目を向ける

会社によっては、各チームごとの状況なんかを共有する全体会などが開かれることがあります。
そういった場所では、普段手に入らない情報を入手することが出来ることがあります。

こういう会では、スマホなんかをいじって時間をつぶすのではなく、しっかりと聞く必要があります
具体的にどういうことをするのかと言うと、自分のスキルで他のチームでも貢献できることがないかなどの探りを入れます。

他のチームのこういう部分が出来るということを事前に把握することで、先ほどのプロデューサーや、チームのディレクターなんかと話をしておくことで、思わぬところからオファーが来ることがあります。
チームをまたいでの作業がある場合も、積極的に参加するとよいでしょう

出向先の会社の業績

基本的ですが、実際に作業していると見逃しがぢな要素です。
上場している企業であれば、株価の動きや、業績発表などが四半期ごとに出ているはずなので、そちらを確認すると良いでしょう。

他にも、会社に関係するニュースなんかがあればしっかりとチェックすることをおススメします。会社の業績から、危険を察知するようであれば、移動先を見つける準備などを始めるのも良いでしょう。事前に察知することで回避することが出来ます


以上の様な対策をすることで、突然の契約終了を回避したり、場合によっては他のチームへ移動することで、契約終了を回避することが出来ます。
フリーランスでいる以上、契約更新が成立するかというのはいつも慎重にならなくてはなりません。
慣れて来たときほど準備を忘れがちになってしまいます。
普段からしっかりと、情報収集を心がけましょう!

決定権がない分、チームの方針には関われないことへの対策

このデメリットに関してですが、まずはフリーランスがどういう立場なのかを思いなおすことから始める必要があります。

契約によって仕事をしている立場なため、採用側としても、大きな裁量が与えられないのが基本です。
たまに勘違いをしたフリーランスの方もいますが、基本的には大きな責任を取れない

絶対的な技術力を持っているのであれば、もちろん裁量を得ることは可能ですが、どの現場に行っても、こうした欲求が生まれてくるのであれば、正社員としての採用を狙う方が良いかもしれません。

能力が追いつかない場合、とてもつらい

能力が足りないという事態は、基本的に現場のレベルで勉強をするしかないのですが、仕事として遂行するためには、立ち回り次第でなんとかなります。
それは、相談する相手を見つけるということです。

実際の現場に入ると、自分の専門分野以外の作業を依頼されることがあります。
このとき相談できる相手をあらかじめ見つけておくことが大事です。
良くなんでもかんでも自分でやれないとダメ!だと思ってる人がいますが、

フリーランスというよりは、仕事というのは着地させることが出来るかというのがもっとも重要になります。
どういう要件が来るか、事前に予測を立てて、自分で対応できそうにないものに関しては、あらかじめ相談できる相手を見つけておきましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか?
フリーランスに対する不安な部分が少しでも解消できればと思います。

実際、若手からフリーランスに飛び込む人も何人か見かけますが、基本貪欲な子が多い印象ですね。
出来ないことが悔しいというか、しっかり質問してきて、自分の能力として取り込もうと意欲が高いです。そういう部分は自分も見習って行きたいですし、とってもフリーランス向きだと思います。

能力うんぬんのところには書いてなかったですが、基本的に勉強は続ける必要があります。
今はUnityの案件が多いですが、新しいツールが出てきたら、いち早く取り組む必要もあるでしょうし、そういうまだ手が付いていない技術を習得する方が他のフリーランスさんと差別化にもなります。

何やるにしても先行するのがとっても大事ですね!