ブログ見出しの作り方を理解する【簡単に出来るSEO対策!】

ブログの見出しの作り方に苦労してませんでしょうか?
この記事では、簡単に見出しを作れる方法をお伝えしたいと思います

ブログ見出しの作り方

まず見出しの作り方ですが、基本的には目次を作るような感覚です。

やり方としては、主に2通りに分かれます。

1.これから記事を書くとき

こちらがメジャーなパターンになると思います。まず頭のなかに話したい内容が浮かぶと思います。そのポイントになるワードを並べるのが見出しにそのまま利用することが出来ます。
論文を書いたりする場合も、あらかじめ目次を先に作る手法もあるぐらいです。

実際どういうストーリーで記事を書けばいいかと思い描く前に、見出しだけで結論に到達できる形になっているかをまず作ります。
この方法で先に見出しを作ると、あとはその見出し項目に沿って文章を付け足していくだけで、ブログ記事が完成します。

2.すでに記事を書いてしまった場合

逆に文章だけが先行してしまったりする場合は、区切りの良い場所を見つけて、適した場所から見出しを切り抜きましょう。このとき注意するのは、見出しを取り出した際、文章がおかしくなってしまう場合、必ず校正を入れましょう。
というのも見出しとは、目次に相当するものです。
それと内容がずれてしまったりする場合、読み手にも必ずギャップが生じてしまいます。
一度書いた記事が、書いている間に曲がってしまい、着地すべき結論とずれてしまっている可能性があります。

そのような場合の見直しとしても、見出しを作る際、セルフチェックを兼ねた注意が必要になります。

見出しがどうして重要なのか?

さて、見出しの作り方はわかりましたが、それがなぜ重要なのか考えたことはありますでしょうか?
先ほどは見出しが目次だと表現しましたが、これは検索エンジンから見た場合も重要に扱われるのです。

そもそも見出しはタグと呼ばれるもので作られており、H1から数字が大きくなるほどに階層構造が作られます。これは、Googleが、そのページがどういう階層で作られているのか解析する際に、使われます。

そのため、見出しの周りに重要な単語が集中していたり、綺麗に分かれている場合、当然良質なサイトと判断されやすく、検索もされやすくなります。
文章を書く上でも重要な見出しは、SEO対策の面においても重要な役割を果たしていたのです。

見出しを作る際の注意点!

さて、見出しが重要なのは分かりましたが、作成するに当たり、いくつか注意をする必要があります

過不足のない見出しになっているか

まず、コンテンツに対して、見出しが的を射ているかどうかが重要です。あまりにキャッチーなものが思いついて、目を引きたい一身で付けたくなるのは分かりますが、見出しの中の文章内容としっかり沿ったものを選ぶようにしましょう。
他の見出しとの、ボリュームがずれてしまったりする場合は、適切に区切ってその都度見出しを整えるようにしましょう。

検索ワードを意識して、コンパクトに

次に、注意するのは、検索キーワードを考慮しつつ、コンパクトに収めると言うものです。
見出しには、タイトルや、集客に設定しているキーワードを含ませるようにすると効果的です。
ただし、見出しにおなかいっぱいキーワードを詰め込みすぎて、長くなってしまうとNGです。

一呼吸で見出しを読めて、ここでは何が分かるのかな?というのがすぐに分かるような内容になっていることが望ましいです。


いずれもバランスが難しい内容ではありますが、とても重要な要素です。頑張っていい見出しつくりを目指しましょう!

まとめ

見出しの作り方には2通りあり、書きたい内容の構成に沿って、あらかじめ作成するパターンと、書いてある記事に対して、的確に区切り見出しをつける。また、見出しは読み手にとっても、SEO的にも重要な要素であり、検索キーワードを意識して、適度な長さで作る必要がある!
このことを意識すれば、自然と良い見出しが作れるようになります!