まずは初心者向けの記事を書く【今日の研鑽2019-11-20】

WBS最近見てなかったんですが、今日はガイアの夜明けなので見てました。自分の曜日感覚を保つ重要な役割になってるかも。ゲーム記事は予定通りトップページになるものを用意してたんですがちょっと 予定変更しました

ガイアの夜明け(2019-11-19)

足や靴に関係する話がメインでした。高齢者にとって履きやすくて歩きやすいルームシューズの開発を行っている話と、足専門の病院。

アキレス

俊足という靴で1時期話題を集めていた時期もありますが、今は靴事業が縮小の一方。自分の中では小学校とかの指定靴みたいな印象ですが、違ったかな。

靴を売り出したいと願いつつも、2019年3月期の売上などは靴事業が15%ほどでほかはプラスチックなどの素材関係の売上が大半を締めているそうです。(ゴムボートに使われる素材など)

お店では足圧測定器というものを使って、足のどの部分に圧力をかけながら歩いているのかを測定し、その人にあったシューズをオススメしていました。外側に圧力が高い人は、ソールの外側が盛り上がっていた靴の方があるきやすかったりするらしく、その場で計測してオススメの靴を絞り込んで提案に使っていました。

自社商品の中で、各歩き方タイプに応じての靴が予め用意されているというのはその場ですぐ対応できていいなぁと思いました。番組では江口さんの足も測定して、合った靴を履いていました。

デザインで選ぶ人などは、こういった別のオススメの靴なんかは履くことが少ないだろうし、自分もちょっと試してみたいなと思いました。

ショップで計測を行って、オススメの靴を提供するサービスを行った所、計測した37人中20人がお買い上げしていました。履き心地はよさそう。

足専門の病院

番組後半では、足専門の病院についてのお話でした。下北沢病院は、足専門の総合病院。現在予約で3ヶ月待ちだそうです。

グンゼという繊維メーカーが手を組んで、高齢の方に適したルームシューズの開発を行っていました。高齢者の転倒の5割は家の中だそうです。ルームシューズはたくさんありますが、高齢者向けになっているものが少ないみたいです。靴下の延長になるようなイメージのルームシューズを作成中とのこと。初期段階では中敷きが柔らかすぎたり、実際に施設の人に履いてもらうときには生地が固くて履きづらいと指摘されたり右往左往ありましたが、なんとか完成にこぎつけた模様。2019年11月には発売される予定だそうです。

ブログ更新&ゲーム

今日はとっつきになるページ作成になるトップページを作る予定。あとは余った時間でゲームの続きをやりたいんだけれど・・・

コントローラーが認識されない

PCでゲームするのに前々からコントローラーの設定が大変だったので、これをいい機会に買おうと思ってXBoxのワイヤレスコントローラーを購入してたんですが、PCのBluetoothの認識が全然ダメでキーボードすら認識からハズレてしまい、この対応だけで2,3時間ぐらい持っていかれました。

そうか、なんか進捗おっそいと思ったらこれがあったか。

トップページから初心者向けページへ

作りながら思ったのが、そもそもページ的なコンテンツがゼロなのにトップページ作っても意味ないなと思ってトップページに作る予定だった初心者向けのページのみを作ることにしました。

あれやこれやを書いてただけで気づいたら5000文字ぐらいになっていたので、そもそも1ページにするのも窮屈な文字数になってたのもありますね。

書いていた感想ですが、やっぱそれなりにプレー時間作っておいたのは良かったですね。ある程度やったおかげでそれっぽい注意点なんかもある程度書けたと思います。

明日はオススメ編成とパーティー方針

ちょっとプレー時間が欲しいので明日こそは遊ぶ時間を作りたいですが、明日分の記事まで作れてないので、朝から早めに書き上げて、残りの時間で遊ぼうかと思います。

書く内容としては、今自分が使っている編成と、ちょっとしたコツなどをまとめたいと思います。