プラスチック袋、廃止でも別にいいけどさぁ【今日の研鑽2019-11-27】

ガイアの夜明けが面白くないなぁと思ってたところから、巻き返してた気がする。あとブログ書くのを1日休んでただけで思ったより書くのに時間がかかった気がします。やはりまるまる1日休むのはリハビリ必要ですね。

ガイアの夜明け(2019-11-26)

海に流れ出る買い物袋に関しての特集でした。特集自体は大事なことを話していると思って見てたんですが、途中の市長さんが残念すぎて、危うく後半の面白い部分見ずに視聴止めるところだった

海洋生物の死がい調査

クジラやイルカなどの死がいが漂着することは、年間で300件ほどあるそうです。20年以上海の生物の死がいからその原因を調査し続けている人達を取材していました。胃の中の水分を調べると、中からマイクロプラスチックと呼ばれる海水で分解されずに残ったものが見つかりました。最近ではこういったプラスチックによる被害が増えているそうです。

マイクロプラスチックは、海の有害な物質を吸着し、溶けずに残ってしまい、食物連鎖で消化されないためクジラのような大きな生物は被害に合いやすいようです。というか人間にも影響出るのでは?

京都府亀岡市のレジ袋廃止

大河ドラマのスポットになるという京都府亀岡市では2020年3月にプラスチック製レジ袋を禁止する条例が施行されるそうです。

去年12月、京都府亀岡市が前代未聞の政策を打ち出した。「プラスチック製レジ袋禁止条例」。「有料化」ではなく「禁止」―。2020年3月に議会へ条例案を提出、夏の施行を目指す。従わない事業者には指導・勧告を行い、名前を公表するなどの罰則を設けるという。

市長的には捨てられた袋が河川に流れ、海を汚すことに心を痛めているみたいだったんですが、それとレジ袋廃止が関係しているという根拠がよくわかりませんでした。

推測では、海に捨てられたうち、プラスチック製のレジ袋の数が多いから供給元を断つことで数を減らせば環境改善される!と思ってるならどうぞとしか言いようがありませんが、これだと「市民はちゃんとゴミ捨てが出来ないからプラスチックを無料で配らなければ、手元にポイ捨てされる確率が減るはずだ!」と言ってるようにしか自分には聞こえませんでした。

すでに禁止してる国や課税対象にしている国が多くあるそうですが、その結果改善しているんでしょうか?興味もなくてそこまで調べる気が起きませんでしたが亀岡市の市民さんは、プラスチック袋をちゃんと捨てることが出来ないって市長に思われてるしそういう人が多いってことなんですね。まぁここに限ったことでは無いんでしょうけど・・・

海水で分解されるポリ袋開発

まぁ当然割を食うのはレジ袋メーカーなんですが、発注が3割になりますとかかなりダメージが多いみたいです。しかしただ嘆くだけでなく、海水でも分解されるポリ袋の開発を進めているそうです。

福助工業は全国に工場を4つほど構え、国内のシェアの6割以上を締めています。自分は知らなかったですけど、かなり大きい会社ですね。年間の売上はおよそ1000億円、従業員約3000名。全て正社員さんだそうです。

これまでも、石油資源の枯渇問題やダイオキシン汚染、地球温暖化などなにかあるたびにレジ袋が悪い!ということは多かったそうです。毎回新しい技術を開発して難を逃れて来たそうです。

今回も番組後半で半年ぐらい海水に晒した新開発の袋が、順調に分解されていることが確認されたそうです。できればこのまま開発が成功してほしいものです


なんでこういったことに投資せずに、袋を廃止しよう!みたいなふうに持っていくのか。

ブログ更新

1日休んでただけなのに、なんかすっごい筆が重かった気がする。

執筆時間

クエストの内容が、規則通りになってなかったので、ブログの中で勝手に時系列合わせて置いたけど、クエスト発生の順番が適当になってるのかなーという感じ。

あれこれ考えながら書いてると、15時ぐらいまでかかってしまった。まぁ書き始めた時間が遅かったのが遅かったのもありますけどね。明日は早めに着手できるようにしよっと。

ゲームのストック

そろそろ次の章に突入しそうなので、次の章のクリア分を消化しておきたいですね。日曜日あたりに報告書と必要なブログ更新し終わったらプレーの撮り溜めしますかな

アプリ開発

落下少女がなんか力入らないので、良いのを探しているところなんですが、開発期間多少伸びてもいいのである程度のものを作りたいですね。今の候補はこんな感じ

落下少女

とりあえず現在の第1候補。ゲーム画面を作るのになんか苦労しそうでそこだけ乗り越えることができればあとはなんとかなりそう。転がりだすと早い気がする。

ボス戦とかの調整が重要になりそうだと思うので、オートモードで調整しやすくしておきたい。あとはデバッグ機能でレベル調整ができるようにしておきたいですね。

ダンジョン作りながら進むゲーム

ちょっと仕様作成に苦戦しそうな気がしてますが、完成後のメリットが多いと思ってる。自分で遊び方を作れるし、イベントの作り方も割と簡単な気がする。

難易度調整がちょっとむずかしい気もするけど、、、どうやればいいのかな?とりあえず最初の方は適当に作っちゃえ!

回廊少女

少し眠らせてたゲーム。こっちの作成を再開しても良い気がする。キャラの追加が課金ポイントになるけど、課金はせずにプレーでの開放をメインにする予定。

ちょっと前までは作るのためらってたけど、今なら躊躇なく作れる気がする。知ってる方のゲームだと、ステージなんかのバリエーションが少ないのでそのあたりを押せるようにできれば十分行けそう。


何個か目をつけてるのはあるけど、ハクスラ少女とは少し遊び方が違うので、ユーザー層は別になりそう。まぁ何事も試してみないとわかんないっすけどね。バランス調整だけ済ませることができれば、回廊少女が一番作りたい(素材もそれ用に用意してたので・・・)