副業を在宅でバレないようにする方法

将来の不安から、副業を行う人が増えています。そんな中で、もちろん気になるのは、職場にバレて懲戒免職を受けてしまうことです。この、会社にばれるもっとも多い原因は、確定申告にあります。

事前に準備なく、確定申告の時期を過ごしてしまうと、税務署や会社から勧告が来て、ばれてしまいます。

事前準備を整えると、もちろん乗り切ることは可能ですが、そっちの勉強をしないと先へ進めないというあなた!取っておきの作戦があります。もちろん違法性も無いので安心してください!

副業を在宅でバレないようにする方法とは

副業を在宅でバレないようにする方法

実際、バレないようにすることは簡単です。それは、収益を確定させなければ良いのです。副業やるのに何を言っているんだ?と思われるかも知れませんが、こういうことが出来るのが副業の良いところです。

報酬が確定しても、受け取らない

実は、あまり知られていないのですが、在宅で出来る仕事の多くは、受け取りを保留することが可能です。
お仕事を完了したり、広告収入が確定したあとも、それを実際に受け取るかどうかを決めることが出来ます。

もちろん、永遠に受け取りを保留することは出来ないのですが、いったん引き伸ばすことで、対策を取る準備が十分に可能となります。

稼いでしまってからでは遅いのでは?と足踏みをするのではなく、まずは始めてみて、徐々に収益化が見込めるようになって始めて悩めばよいのです。

受け取れる金額を調整する。年間20万に調整

金額を保留するのは分かりましたが、どのように調整すればよいでしょうか?

それは、年間20万を超えないようにするということです。なぜならば年間で20万以上の収入を得てしまうと、それは確定申告の課税対象となってしまうからです。そうなると、税務署への届出などが必要になってしまい、会社にばれてしまう危険性が一気に増します。

なので、年末に受け取るようにした場合でも、その金額が年間で20万を超えないように調整することが重要になります

課税対象にならないようにすることが大事

このように、売り上げを得た状態でも、その金額を受け取らないようにすることで、申請関係のことを行わずに済むように抑えることで、ばれるリスクをぐっと減らすことが可能なのです。

なにより、まずは動いてみないと実際に稼ぐことが出来るかどうかや、向いている副業かどうかが分からないことの方が多いので、足踏みをせずに副業を開始することが大事です!

実際に収益を上げ始めると、別の対策が必要になりますが、まずは年間20万を超えるかどうかを見ながら副業を開始しましょう!

どんな副業がおススメ?

では、いったいどういう副業が収益を受け取らずに済むのでしょうか?ここでは一例を挙げてみたいと思います。

ブログ+アドセンス

今日から始めることが出来て、作った後は資産になる、副業の定番です!
ブログは無料でも始めることが出来ますし、サーバーなどを利用する場合でも、年間数千円で動かすことが出来ます。

そのうえ在宅で出来るので、土日など会社が休みの日を利用して作業できます。帰宅後に余裕があるならばもちろん平日からも更新可能です!

経験はあるけど、ブログが長続きしないという人は、こちらの記事を参考にして再開してみてください

アウトソーシング

アウトソーシングは、自分の出来ることを仕事に出来るサービスです。
また、仕事は自分がやりたいことだけを選んで行えますので、好きなことを選んだり、苦手なことをチャレンジしながら挑むことが出来ます。

サービス手数料最低支払い報酬額備考
クラウドワークス5%~20%1000円大手
まず始めにどんな仕事があるか
見てみるといいかも。
ランサーズ5%~20%1000円玄人向けの印象
高単価あり!
ココナラ30%1000円イラストや声を得意としている
声優志望の人もおススメ
シュフティ10%840円奥様がたが働いている印象
細かい作業の精度が高かった気がします
サグーワークス108円
216円
1000円ライティング専門のアウトソーシング
手数料は現金にする時にかかります

サービスによって得意不得意があるので、自分に合ったのを選んでやるのがよいです

その他気をつける心構え

副業を開始した後、以外にやりがちなことがいくつかあります。
始める前に心にとどめて置くと便利ですよ。

他言無用は必須

もちろんなんですが、話してしまっては意味がなくなります。
制度的なものを回避する在宅での副業のはずなんですが、それを同僚などに言ってしまう人がたまにいます。

稼ぎが出始めると、つい言いたくなってしまうのですが、そこはぐっとこらえてください。
どれだけ仲の良い同僚だとしても、どの経路で上司や会社に知れるか分かりません

直接給与としてもらうアルバイトなどは手を出さない

在宅とは真逆なのですが、他のところに勤めるアルバイトはやめるようにしてください。
たまにアウトソーシングでも、言葉巧みに呼び出して、直接契約を迫ってくる業者がたまにいます。そういうところはかならずウラになにかありますので、最終的に自分を守ってもらえないことが多いです。

なので、ちゃんとサイト上でのやり取りを徹底して、直接契約をしないようにしてください

ほんの手数料をケチったおかげで、大損してしまうこともありえます

まとめ

今回は在宅で副業をしながら、バレないかどうかについてお話しました。
実際にいきなり副業で収益を上げるのはとても難しいです。

しかし、収益を得てしまったから考えるべきことを、始める前に考えるのはとてももったいないです。

それにもし短期間で20万を得てしまったら!ですが、、、その場合は私も教えてくださいw

ちなみにアウトソーシングでもプログラミング系は本当に他と比べてとても高単価です。スキルのある人は是非挑戦してみてはいかがでしょうか