minneは儲かる!?老後に備えた出来る副業!

2019年8月31日

最近ハンドメイドで出来る副業として話題になっているminne(読み方:みんね)について調べてみました。
ハンドメイドの商品を扱うECサイトなんですが、自分で作ったものを出品したり、買ったりすることが出来るサイトだそうです。

老後に備え、副業として注目を浴びているminneの魅力をお伝えしたいと思います。

minneは儲かる?気になる副業としての注目度

まず、前提としてminneでは儲けることが可能です。
ただ、もちろんハンドメイドを取り扱うサイトなので、なんらかの作品を作るための技術は必要になります。

登録者の中では、月に40万も売り上げる人もいるらしいです。
取り扱われている商品では、フラワーアレンジメントやハーバリウム、子供向けのおもちゃなど多種多様です。
過去に何らかの作品作りをしたことがある方であれば、チャンスが広がります。

驚きの副業率約50%

儲かることでも注目を集めているminneですが、なんと登録者のおよそ半分は、副業として登録しているそうです。
この背景には、最近の年金受給への不安も後押ししているのかも知れません。

また、登録料も不要で、作品の写真をアップするだけで出品が可能です!
一部販売不可能なものもありますが、食べ物であったり、違法なものであったり、ハンドメイドの常識的な範囲であれば大丈夫なものばかりです

詳しい出品に関しての項目はこちらのページをご覧ください

人気の理由。ハンドメイドならではの楽しさ

またminneの特徴として、作家さんを見ながらの購入や、オーダーメイドを行うことが出来ると言う点です。
購入者の方々の談によると

おかあさんは紅茶がとても大好きなんで、紅茶の先生の資格を取るほどです。そこで、紅茶に因んだプレゼントが出来ないかと考えていました。
”いつまでも残るフラワーを”ということで、フラワーアレンジメントを手がける作家さまにお願いさせていただきました

と、誰かへのプレゼントなどで、オーダーメイドとして特注するような使い方が好評なようです。

たしかに、お店で売られているものを直接渡すより、受け取る側も喜んでくれそうですね。

作家の方も、どんな作品を作られているのかなどを確認することが出来るので、作品の方向性などがマッチする場合、オファーも沢山もらえることでしょう。

このように、売り手と買い手双方でのやり取りを行うことが出来るのもminneの特徴だと言えます。

どういった人が向いている?

minneと言うサービスは、「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスと銘打っているだけあり、作品を作ることはさながら、そういったやり取りが好きな人に向いていると言えるでしょう。
実際、ハンドメイド系ではリピーターを獲得することがとても重要になります。
当然購入者の方からの手厳しい評価も受ける可能性はありますが、自分の作品を気に入ってくれる人が見つかると、雪だるま式に評価が上がります。

そうすることで、より大きな成果を得ることが出来るでしょう。
売れ始めると、梱包発送などの数も多くなるので、その当たり作業が苦にならないというのも向き不向きに繋がると思います。

コミュニケーションが好きで、こつこつとした作業が大好き!という人に向いていると思われます

もちろん買い手としての利用もOK!

ここまでは副業としての側面でしたが、実際に買い手としての利用にも目を向けましょう。
売り手として利用する場合でも、売れっ子さんのやり取りなどを実際に交わしてみるのはとても勉強になるものです。

自分の興味がある分野の出品されているものを見たり、買ったりすることが、自分の出品時の経験値にもなると思います。
また、ハンドメイドがどのような楽しさを持っているのかというのは、やはりもらった側で体験するのがとても重要です。

気に入った作家さんを見つけて、一度利用してみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
minneを副業として利用するのは、かなり楽しい予感がしますね。
ハンドメイドが苦手という人でも、作品を眺めてみることで、自分に出来そうなことを探してみると、案外出来ることが見つかるかも知れません。

また、この手の出品では、写真の映りがとても重要になるのですが、minne LAB勉強会というものがあり、写真の撮り方なんかの勉強会を開催しているそうです。
値段の付け方・その他出品をすることでの悩みなどもお答えしてくれるみたいなので、相談してみるのも良いかもしれません
(勉強会のイベント開催は場所限りがあるみたいなので、気になる方は確認してからお問い合わせください)

私も何か作りたくなってきました・・・ユーザーさんとのやり取り面白そうですね。ではノシ